女性がアルコールで消毒してからフェラチオをしてくれ、かつ価格が手ごろなサラリーマンの味方ピンクサロン。

 

そこで性病に感染してしまうことはあるのでしょうか?性病はセックスでうつる病気でするが、オーラルセックスからうつる性病も多くあります。

 

今回はピンサロでうつる可能性がある性病について解説していきたいと思います。

 

ピンサロでうつる可能性がある性病

 

淋菌感染症

淋菌という菌が引き起こす病気です。

 

男性では尿道炎(尿の出始めの痛み、陰茎の尿道口からの黄色で粘い膿)を引き起こします。

 

潜伏期間(ピンサロにいってからから症状が出るまでの期間)は2〜7日です。

 

上腹部まで感染が進展すると肝臓周囲炎を起こし、激烈な上腹部痛を起こすこともあります。

 

治療には抗生物質が用いられ、病院で出される経口のお薬で尿道炎は治る場合が多いのですが、腹膜炎になると入院して治療が必要となる場合があります。

 

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマティスという菌が引き起こす病気です。

 

淋菌感染症とよく似た部位に感染します。

 

潜伏期間は1〜3週間です。

 

男性の場合、尿道炎でも症状は淋病に比べると弱く、約半数が気付かないまま保菌しています。尿道よりも深部の精巣上体炎(陰嚢が腫れて痛くなる)で発症することもあります。

 

治療は、深部に感染が至っていなければ、抗菌薬の内服で治すことができますが、精巣上体炎や腹膜炎では、かなり長期の投薬が必要です。

 

ヘルペス感染症

単純ヘルペスウイルスは、一般的には口唇や口腔内に水疱・潰瘍をきたします。

 

ピンサロで感染した場合は、陰茎に傷がついて、その傷からウイルス感染をきたすので亀頭などに発症することが多いです。

 

潜伏期は3日から5日程度です。口唇ヘルペスは、キスをすればうつる可能性はありますが、フェラチオが原因ではありません。

 

ヘルペスウイルス感染症は、ズキズキではなく、ピリピリした神経の痛みが特徴で、治っても再発を繰り返します。

 

再発の原因は、ストレス、過労や睡眠不足などの免疫が低下したときにおこります。治療には抗ウイルス薬の投与が行われます。

 

梅毒

口唇・口腔内にも梅毒病変ができることがあり、梅毒トレポネーマという菌がオーラルセックスによって、性器に病変を作ります。

 

潜伏期間がほかの性行為感染症と違い長い、症状があっても自覚症状が少ないという特徴があります。

 

性行為後約3週間の潜伏期を経て男性では陰茎亀頭部やその上の包皮に初期硬結という痛みのない硬い病変ができ、次第に崩れ、硬性下疳と呼ばれる痛みのない潰瘍となります。

 

痛みがないことがヘルペス感染症と見極めるポイントでもあります。

 

この病変は、2週間程度で自然に良くなりますが、病気が治ったわけではなく、そのあと全身感染となり、約3か月後には挟病変と呼ばれる手のひら・足の裏を中心に発疹が現れ、進んでいきます。

 

治療には抗菌薬投与が4週間必要になります。

 

キスだけでも性感染症はうつる?

仮にパートナーが口腔内に淋菌やクラミジアを有していても、通常のキス程度であれば感染が成立するほどの暴露がないため、感染リスクは極めて低いと言えます。

 

ただし、ヘルペス感染症のように皮膚と皮膚の接触でも伝播するものについては、キスする際に皮膚が接触することで感染する可能性があります。

 

ピンサロでうつらない性病

 

HIV

HIV感染症、AIDSの原因となるHIVウイルスは血液・精液・膣分泌液・母乳に含まれています。つまり、唾液には含まれていません。

 

余談になりますが、HIVは治療が劇的に進歩しており、HIVはウイルス量がきちんとコントロールされていれば感染する可能性がほとんどないことは、風俗で遊ぶ以上知っておいてほしいと思います。

 

複合感染にご注意を!

性病は決して1つの病気だけがかかるのではありません。クラミジアを持っている人が淋病を持っていたりすることも当然あります。

 

特に、梅毒はここ数年で激増しており、ピンサロをはじめ風俗での感染情報かなり多いです。

 

風俗で遊ぶ以上クラミジアや淋病をもっている女の子は梅毒をもっていると疑ってかかってもいいかもしれません。

 

また、淋病で外来にかかって抗生剤をもらったとしても梅毒を治療するには抗生剤の投与期間が不十分です。また、梅毒は血液検査で陽性になるのは3週間と忘れたころに陽性になります。

 

クラミジアや淋病にかかって、病院で抗生剤をもらっておしまいではなく、数週間後に気になるようであれば梅毒などの性病検査をきっちりしておくことがおススメです。

 

ピンサロでうつらない予防法

コンドームを陰茎に装着することで感染のリスクを低くすることができます。

 

ですが、ヘルペス感染症のように皮膚と皮膚の接触でも感染するものについては、コンドームで防ぎきれない場合もあります。

 

よって、性器や口腔周囲に異変を感じる時は、オーラルセックスを含めた性行為を差し控え、早期に医療機関を受診することが望まれます。

 

まとめ

ピンサロで移る可能性がある性病は、クラミジア、淋病、梅毒、ヘルペスです。

 

ヘルペスは感染経路特殊で予防できるものではありませんが、クラミジア、淋病、梅毒はコンドームで予防可能です。

 

また、クラミジアは症状が出ない人も多いので、彼女にうっかり性病をうつしちゃって風俗通いがばれることもあります。

 

症状がない場合は、病院であまり検査をしてくれないので気になる方は性病キットを購入して調べてみるのもいい方法だと思います。

 

またクラミジア・淋病にかかった人は、複数の病気を持っている女の子もいると想定してしましょう。

 

  • 性病が気になって病院に行く時間がない
  • 病院に行く勇気がない

 

そういう人は性病検査キットを使って調べてみることをお勧めします。